武州川口七福神巡り
七福神の信仰は、古来より庶民の間に浸透してまいりましたが、現在の七福神(恵比寿神、大黒天尊、毘沙門天尊、弁財天尊、布袋尊、福禄寿尊、寿老人)が固定したのは江戸時代後期であると伝えられています。

そのころ川口は天領として栄えた幕府の要所d、坂東観音巡礼の鈴音が野辺に聞かれたといわれています。

この知に現世利益を顕す新たな信仰として、その功徳が語り継がれているのが「武州川口七福神霊場巡り」です。ご家族で、あるいはお友達とハイキング気分でゆっくり廻って見てはいかがでしょう。また、電車やバス等を利用するのも一考でしょう。七福神巡りをなさった皆様には計りしれない福運のありますことを信じ、武州川口七福神巡りをお勧めします。



←地図。話題のグーグルマップで
上空から寺院を確認できます。

正眼寺(しょうげんじ)無病息災・不老長寿 寿老人:寿老神と書く場合もあり、中国で不老長寿の神として崇められ、玄鹿を伴う老翁白髪の姿は、老子の化身とも云われ、又南極の星の化身の福禄寿尊と胴体異名の神とも言われています。


西光院(さいこういん)学芸成就・福財招来 弁財天尊:七福神の中唯一女神。印度の仏で愛敬を示し、芸術音楽の仏神、弁舌才智の神、水の神であり、財宝、福徳、学業増進、商売繁盛の仏神として広く信仰されています。

吉祥院(きちじょういん)開運厄除・吉慶招福 毘沙門天尊:仏を守る四天王の一人で、北方を守る多聞天のことです。破邪顕正の武神、悪業煩悩の鬼、天邪鬼を足下に押さえ、手に持った多宝塔は財宝を示します。正道こそ福を得る道なのです。

密蔵院(みつぞういん)利益増長・五穀豊穣 大黒天尊:福徳円満な印度の仏で、有福糧食を司る。仏教と共に日本に伝えられ、大国主命と習合されましたが、もともとは悪を制する神で、打出の小槌は、宝を出す槌であり、怠け者を打つ槌でもあります。

錫杖寺(しゃくじょうじ)福知無量・延寿吉祥 福禄寿尊:中国の神で、福(幸福)禄(財宝)寿(長命)の三つを授ける南極の星の化身と言われています。福智無量、延寿吉祥、七福神の首位の神で寿老人は同体異名という説もあります。

正覚寺(しょうがくじ)寛容仁忍・福壽如山 布袋尊:中国の唐末から後梁(五代)の頃の実在した契比と云う禅僧の高僧で、福々しい相は人々に敬愛されていました。物を大切に又物事にこだわらず、寛容仁忍こそ財宝福寿を授かると説かれました。


傑伝寺(けつでんじ)家内安全・商売繁盛 恵美壽神:この神は、事代主命(夷)とも、蛭子尊(戎)ともいわれ、狩衣・烏帽子をつけ、釣竿・鯛をもつ漁業・航海の神として信仰されたが、エビス顔は商売繁盛のもととして、商人に厚く信仰されています。